技術情報

国内初の既設アンカー鋼線切断除去工法(特許出願中)

Bite off工法

概要

Bite off工法は、独自に開発した特殊なビットを使用し、既設アンカーを切断・除去する工法です。
切断・除去した場所に、新しいアンカーの設置が可能になります。

特徴

  • 国内初のアンカー切断システム
  • 専用の切断ツールスと汎用の削孔機でアンカーの鋼線を切断
  • 既設アンカーを除去して、新しいアンカーを設置可能
  • 新しいアンカーの設置時に、既存の受圧構造物を利用することも可能
 
 左:CD Typeビット(被せ掘り用)
右:SH Typeビット(鋼線切断用)

適用範囲

  • ビットの内径(φ60mm)に収まるサイズのアンカー(φ12.7mm×4本、φ15.2mm×3本まで)に適用可能
  • 切断可能範囲:10m程度まで

※上記以外については、別途お問合せください。

作業手順

  
 既設アンカーヘッド除去、口元管設置


被せ掘り(CD Typeビット)
アンカー体に付随するシースや注入パイプ等を除去します。
  
 抜管、ビット交換


鋼線切断(SH Typeビット)
鋼線切断ビットを被せ掘りした孔底まで挿入し、逆回転させることでビット内の刃が閉まり、鋼線を切断します。
  
 鋼線回収
 切断した鋼線を、抜管と同時に回収します。
 アンカー新設

ダウンロード

Bite off工法カタログ(2018版)(4721KB)

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム