技術情報

大深度坑内から施工可能な注入工法

低圧浸透注入工法(ステージ注入工法)

画像をクリックすると拡大表示されます。

概要

・低圧浸透注入工法 【ステージ注入工法】は、ゲルタイムの長い注入材を使用して、手前ステージから順次奥のステージへ注入する下降方式により、低い注入圧力で浸透注入を図る薬液注入工法です。

・既設構造物内からの注入でも、構造物にほとんど変状を与えることなく地盤改良が可能で、小型軽量削孔機を使用することで狭い構造物内からの作業にも適しています。

・浸透注入により、砂質土地盤や介在砂層などの複雑な地盤に対して効果的な注入を行うことができます。

適用例

主な特徴

●既設構造物内からの施工で、二重管ストレーナ工法などの上昇方式(孔先端から順次手前にステップ)の注入では構造物直近を最後に注入するのに対し、ステージ注入工法は構造物から離れる方向に注入することで注入材の浸透領域を残しながら注入を進めていくため構造物の変状はほとんどありません。

●スリーブ注入工法と同程度の高い改良効果を得ることが出来ます。

●360°全方向に注入が可能であり、小型軽量削孔機を用いることにより、従来のボーリングマシンが持ち込めないトンネル内や立坑内などの狭い場所での施工が可能です。

●ゲルタイムの長い注入材を使用し、低吐出量で注入することから、低い注入圧力よる浸透注入が図られ、地盤隆起や周辺構造物への影響はほとんどありません。

●浸透注入により、砂質土地盤や介在砂層などの複雑な地盤に対して効果的な注入を行うことができます。

●下降方式でステージ毎に注入するため、前ステージの注入済み区間の再削孔時において湧水状況などの観察により注入効果を確認しながら施工できます。

●大深度における高被圧水下での施工に対応できます。

実績件数

施工実績:23件(H28.3現在)

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム