技術情報

水平から斜め・垂直までの全方位における大口径改良を可能に

MJS工法

概要

MJS工法は、超高圧噴流体が有する運動エネルギーを利用して地山切削、硬化材混合、攪拌を行い、固結体を造成する工法です。その点で従来の高圧噴射攪拌各工法の長所を十分に活用した工法であります。
さらにMJS工法は、高圧噴射攪拌工法の欠点を解決するために、新しく造成装置及び多孔管を開発しました。
この工法の最大の特徴は切削した排泥の排出機構にあります。従来、高圧噴射攪拌工法においては、排泥の排出をエアーリフトのみに頼っていました。それに対し、MJS工法では強制的に専用管の中に吸引し、地表へ移送することにより、水平から斜めまであらゆる施工が可能となりました。
また、併せて地盤内応力の圧力管理に基づいて排出する排泥量を調整吸収することにより、噴射攪拌に伴う地盤の隆起、沈下などの地盤変状を抑えることを可能にした工法です。

主な特長

● 大深度用地盤改良工法として開発
従来工法では不可能な大深度に対応できる地盤改良工法として開発された新工法です。

● 水平、斜め下向き、垂直施工ができます
水平方向、斜め下向き方向、垂直方向の施工が可能で、自由な個所に固結体を造成することができます。

● ドライワークの綺麗な施工現場
排泥がロッドからそのまま処理プラントにホース移送されるので、清潔で綺麗な施工環境を保持することができます。

● 周辺地盤に影響を及ぼさない
地上の建造物および地下埋設物に対し、改良中における隆起、沈下などの影響を防止します。

● 水中施工で水質汚染を抑制
水底の地盤改良において、排泥を水中に放出しないため汚染しません。

● 直径2000mmから2600mmの大口径の造成ができます
造成径は噴射圧力、噴射量、空気量、噴射時間、および土質により左右されます。土質条件等により造成径が設定されます。

● 改良体断面形状を選定できます
改良体の断面は、円形から扇形まで自由に選択できます。

画像
※本工法はMJS研究会が保有する工法で、当社は正会員として施工実施権を得ています。

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム