地盤分野で活躍する、
みんなを笑顔にする
現場リーダーを目指して。
東北支店 工事部
環境建設工学科卒
2013年入社

日特建設に入社をきめた理由を教えてください。

地盤関係技術を多く保有し、女性技術者も多数活躍している事に魅力を感じて。

学生の時から、人と話すことや、『ものづくり』に興味がありました。中でも、様々な人々と交流でき、スケールの大きな仕事に携わりたい思ったことや、被災者の一人として東日本大震災を通して、復興に貢献したいという思いから建設業で働きたいと思っていました。数ある建設会社のなかで、日特建設に決めた理由としては、大きく2つあります。
1つ目は、高校・大学と土木について学んでいて、特に大学で地盤工学に関する研究や授業を通して、地盤に関する技術に興味を持ったことです。そこで、地盤に関する技術を多く保有し、地盤関係で強みを持っている建設会社で働きたいと思っていました。
2つ目は、就職活動をしていく中で、業界の中でも少ない女性の現場社員が多数活躍していると知ったことです。業界的になかなか活躍する女性が少ないことは重々承知の上での就職活動でしたが、会社説明会を通して各支店で女性の現場社員が活躍していることを知り、女性でも現場で働くことを前向きに考えてる会社であると感じたので、日特建設を選びました。

女性が働く職場としての、日特建設はいかがですか?

地盤工事のリーダーとして!

現在は工事課の社員として、当社が契約し請け負った現場の施工管理が主な仕事です。施工管理といっても、担当した工事に関わる「安全管理」・「品質・出来形管理」・「工程管理」・「原価管理」・「計画」・「監督業務」等々施工管理全般について行っています。
当社に入社して良かったと思うことは、工事課の社員になると先述した施工管理全般について業務を行えることです。当社は主に「地盤技術に特化した専業の建設会社」であるため、建設現場でも下請業者として仕事することが多く、一人の社員が、請け負った工事について施工管理を全般的に担当します。現場規模の大小に関わらず、請け負った工事の中でのリーダーとして仕事をします。若いうちから、施工管理全般について(特に原価管理まで)も任せてもらい、多くの経験ができる会社は他になかなかないと思います。また、現場のリーダーとして、自分の考えや思いをすぐ反映でき、実践できる自由度の高い会社だと思います。
当社に入社して女性として働く上で良いと思うところは、女性の技術系社員が多く、似たような経験をした女性社員同士で様々な意見を交換し、共有できることです。女性として会社へまだ足りないと思うことは特になく、現場で働くことに私はあまり苦は感じたことはありません。むしろ、良い点・悪い点として、女性でも男性でも対等に見て評価してくれる会社だと思います。
ただ強いて言うなら屋外での現場の仕事が主になるので、夏季や冬季など季節によって体力的につらいところはあるかもしれません。

休日の過ごし方は?

休日は出張先で楽しむこと!

休日は主に出張先で食べ歩きや小旅行(観光)をして過ごしています。仕事柄、地方の現場へ出張があり、自分の知らない土地に行くことが多いので、各地の様々な名物や観光地を見たり、イベントに参加したりして過ごしています。特に現場で出会った地元の人にオススメを聞いて、実際に自分で足を運んだりして楽しんでいます。また、正月休みやゴールデンウィーク、お盆休みといった連休には長期旅行に出かけてリフレッシュしています。

これからの目標、将来の夢を教えてください。

みんなが笑顔になれる現場のリーダーを目指して!

これからの目標は、大きく2つあります。
1つ目は、現場のリーダーとして、携わった人みんなが笑顔に仕事ができる現場運営をすることです。ひとつの現場でも、同じ会社の先輩や上司だけでなく、発注者さんや協力業者さん、地元の人など、本当に多くの人とかかわる機会が多いです。その中で、様々なタイプの方々と接することで、広い視野を持ち、一緒に現場を運営していく一人ひとりが笑顔で気持ちよく働いてもらえる現場運営とは何かを考え、実践していきたいと思っています。
2つ目は、体力の続く限り現場に出て仕事をすることです。女性であっても、結婚・子育てしながら現場人としてあり続けることです。私はとにかく現場が好きなので、今後女性でも継続して現場で働けるような環境づくりのきっかけとしてなれたら良いと思っています。
最後になりますが、自身の経験談として、近年では建設業界内で多くの会社が女性の技術職を求めています。私の工業高校在学時と比べると女性に対する環境がかなり大きく変わったように思えます。建設業を目指す女性にとって、採用の幅が大きくなり引く手あまたな時代なのかもしれません。そんな時だからこそ、その中でよく会社を見極めて、自分が本当に入りたい会社を探してください。

PAGETOP