技術情報

岩盤グラウチング技術イメージ
技術・工法から探す

岩盤グラウチング技術

ダム基礎グラウチングは当社の創業工種であり、日本の堤高100m以上のダムの75%以上を手掛けています。これは業界No.1の実績です。

概要

一続きの大きな岩、転じて分裂や対立のない強固な組織をたとえた「一枚岩」という言葉があります。 しかし実際に「一枚岩」はまれで、ほとんどの岩盤には大小さまざまなひび割れがあります。 岩盤の上にダムを作る場合、または岩盤をくりぬいてトンネルを作る場合、この大小さまざまなひび割れが原因となって水が漏れ出したり、壁や天井が崩れたりすることがあります。 それらを防ぐために、岩盤に深く細い穴を開け、そこからセメント水(セメントグラウト)を注入してひび割れを充填し、「一枚岩」を作る技術を「岩盤グラウチング技術」と言います。 当社がもっとも得意とする技術の一つです。

>>施工中のグラウチング現場 >>主なグラウチング施工実績

カテゴリ 関連工法
ボーリング
透水・水押し試験
注入
解析評価
その他
  • 大深度グラウチング技術(500m級)
  • 各種グラウト性状試験