技術情報

高品質な巨大パイルを高速に造成  SUPERJET 25、SUPERJET 35、SUPERJET 50

SUPERJET

  • NETIS登録番号 KK-980026-V設計比較対象技術(Superjet)

工法概要

先進の超大型地盤改良工法
SUPERJET(スーパージェット)工法は、地下に最大直径5mの巨大なパイルを造成する大型高速地盤改良です。
本工法は、特殊整流装置を内蔵した水平対向ジェットモニターと超高圧スラリーポンプを用いたプラントシステムにより構成されます。
地盤に直径20cm程度の穴を開け、所定の深度までモニターを建込み、先端ノズルから超高圧・大流量スラリーを噴射させ、周囲の土砂を削り取りながら混合撹拌することで、高品質の大型パイルを高速で造成します。

施工条件に対応した3タイプ
狭隘な施工条件にも対応できるように3タイプの施工仕様があります。
SUPERJET 25: 最大径2.5m 小型プラント使用
SUPERJET 35: 最大径3.5m 小型プラント使用
SUPERJET 50: 最大径5.0m 大型プラント使用

主な特長

超大径パイルの造成が可能
地盤に直径20cm程度の穴を開けるだけで、地下に最大直径5メートルの巨大なパイルを造成できます。

産業廃棄物の削減が可能
最小限度のセメントスラリー量で高効率の施工を実現したため、スライム量を在来工法より大幅に削減できます。

高速度・高品質施工を実現
強力なジェット噴流を水平対向に噴射し、切削と充填を同時に行うことで、在来工法の数倍の高速度・高品質施工を実現しました。

優れた経済性
以上の特長から大幅な工期短縮と大幅なコストダウンが可能です。

■標準施工仕様

名称項目単位SUPERJET 25、SUPERJET 35、SUPERJET 50
超高圧
ジェット
圧力MPa34.5
吐出量L/分100〜275×2方向
圧縮空気圧力MPa0.7〜1.05
施工仕様引き上げ
時間
分/m8〜13
※詳細については、こちらまでお問い合わせください。

施工手順

SUPERJETの適用範囲

1.底盤改良、先行地中梁 
開削工事において、土留め壁の根入れ長さの低減やヒービング防止を目的とする底盤改良、土留め壁に発生する応力の軽減を目的とした先行地中梁が造成できます。
2.シールド発進・到達防護  
推進工事において、シールド発進・到達坑口の防護のために適用できます。
3.土留欠損部防護  
開削工事において、土留め壁の不連続部の止水ならびに補強に効果があります。
4.既設大型構造物防護  
図のように、シールド部分を土圧・水圧から守ることができます。
 5.液状化防止 
 ウォーターフロントなど軟弱地盤の改良、地下建造物の液状化に伴なう浮上の防止に効果的です。液状化しやすい部分のみ地盤改良を行い、また状況により既設杭との一体化も可能です
6.既設基礎の耐震補強  
 高架橋下部など、空頭制限下における施工が可能であり、既設基礎の耐震補強に適応できます。
7.人工基礎地盤の造成  
 軟弱地盤の改良だけではなく、安定地盤をあらかじめ造成することによって、支持力強化はもとより地下工事の安全性を向上させることができます。
8.堤防・護岸の補強  
 止水性はもちろん強度にも優れており、堤防の安全を図ります。 
  
  

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム