技術情報

トレンチャー型撹拌混合機で、深度10mまでの浅層、中層混合処理を実現

パワーブレンダー工法

  • 技術審査証明取得
  • NETIS登録番号 CB-980012-V 平成23年度推奨技術
  • 河川護岸(液状化対策)

    河川護岸(液状化対策)

  • 急傾斜(高盛土による円弧すべり対策)

    急傾斜(高盛土による円弧すべり対策)

画像をクリックすると拡大表示されます。

概要

パワーブレンダー工法はセメント・セメント系固化材などの改良材をスラリー状に混練後、地中に噴射し原位置土と改良材を強制的に撹拌混合し、固化することを目的とした浅層・中層混合処理工法です。パワーブレンダーはバックホゥをベースマシーンに、トレンチャーに装備された撹拌翼で、原位置土をきめ細かに切削し、改良材と撹拌混合し均一な改良地盤の造成を行います。

用途

擁壁等の基礎、補強土壁の基礎、ボックスカルバート・下水管等の基礎、
盛土のすべり破壊防止、盛土の安定対策、建築の基礎、盛土の土質改良、
ため池等のヘドロ原位置固化、建設発生土(残土)の有効利用、液状化対策、
河川堤防の補修

適用範囲

粘性土:N値10程度以下
砂質土:N値20程度以下

主な特長

●改良深さは、10mまで対応可能です。
●攪拌効率がよく、強度のバラツキが少ない改良になります。
●改良強度の設定が広範囲で、多くの土質に適用可能です。
●機動性に優れています。
●信頼度の高い施工管理が可能。
●地中変位量が少ないので近接施工が可能。

実績件数

316件(H25.3現在)

特記事項(工法全体システム図等)

ベースマシン1.9(旧1.6)m3クラス PBT-900
ベースマシン1.4(旧1.2)m3クラス PBT-700
ベースマシン1.4(旧1.2)m3クラス PBT-370
ベースマシン1.0(旧0.9)m3クラス PBT-320
ベースマシン0.8(旧0.7)m3クラス PBT-300

 

参考文献

建設技術審査証明 技術名称:パワーブレンダー工法[スラリー噴射方式]〜浅層・中層混合処理工法〜、(財)国土技術研究センター、平成25年1月

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム