技術情報

最新の工法、技術を導入し、コンクリート構造物の補修・補強技術を提供

構築物・橋梁各種補修工法

アラミド繊維シート・炭素繊維シートによる補修・補強

炭素繊維シート貼付け

新素材シート巻立て工法は、橋脚の周囲にエポキシ樹脂でアラミド繊維シートまたは、炭素繊維シートを巻立てる工法です。構造物の形状を変化させることなく、せん断耐力や靭性の向上が図れます。狭隘部でも優れた施工性を発揮します。

鋼板巻立てによる補修・補強

鋼板巻立て施工

鋼板巻立て工法は、橋脚の周囲に鋼板を取付け、コンクリートとの間にエポキシ樹脂または、セメント系材料を充填する工法です。構造的に曲げ耐力および靭性の向上に優れた工法です。

RC巻立てによる補修・補強

RC巻立て工法

RC巻立て工法は、橋脚の周囲に鉄筋コンクリートを打足し、耐力向上を図る工法です。経済性、将来的な維持管理に有利な工法です。

床版の補強

 

床版の補修(剥落対策)

ビニロン繊維シート等を床版下面に塗り込みコンクリート片剥落防止を図る工法です。

地震時の落橋防止

落橋防止装置は、橋台、橋脚の桁連結、ずれ止め、拡幅などを行い、地震時に落橋を生じさせないための防止装置です。

鉄製落橋防止装置

ウォータージェットによる構造物の切削、はつり、破砕

ウォータージェット工法は、ノズルから噴射される超高圧水で劣化したコンクリートをはつり取る工法です。

 

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム