技術情報

構造物の健全度を診断し、適格な補修・補強方法を提案

調査診断技術

コンクリートの健全度チェック

構造物の耐力、耐久性、水密性などの諸性能を低下させる大きな要因となるコンクリート構造物のひび割れ(深さ、幅)、内部空洞を測定します。

超音波深傷法

熱赤外線映像法

アンカーの健全度チェック

永久構造物として使用されるアンカーには、より精度の高い管理が求められています。日特建設のアンカーメンテナンスシステムは、頭部の目視確認、リフトオフ試験、超音波探傷試験などを用いて、アンカーの健全度を調査、診断し、その機能を総合的に判断します。

超音波探傷試験による頭部背面の劣化診断

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム