技術情報

平成5年6月(財)日本建築センターの技術指導完了

鉛直アンカー工法

画像をクリックすると拡大表示されます。

主な特長

定着体部がステンレスシ−ス
高耐力 ・二重防食による優れた耐久性。
設計の自由度を考慮したメニュー
使用可能なPC鋼より線はφ12.7,15.2,17.8mmの3種でそれぞれ4本から12本使用可能、計27種類。
経済性、施工性に富む
・定着部がフレキシブルなスパイラル状なので組立、挿入が容易。

適用例

地盤や風による転倒・
基礎の浮上り防止
地下水圧による浮上り
防止対策
歴史的建築物の構造補強

当工法は、ゼネコン12社、専業者6社、コンサルタント1社、鋼線メーカ2社の共同開発によるものです。

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム