技術情報

無機系の高性能材料によるコンクリート構造物の延命化

アドバンテージ工法

  • ARIC 農業農村整備新技術候補 No.226
  • アドバンテージ工法

    アドバンテージ工法

  •  アドバンテージは、従来のモルタル成分であるセメント・砂・水の配分と混練過程を変えることで、無機質なのに有機系材料が持つ性質を持たせることに成功した、古いようで新しい材料(無機接着固定材)です。  アドバンテージの登場によって、無機質ならではの高強度・高耐久性と、これまでの無機材料にはなかった追従性を併せ持ち、コストパフォーマンスに優れた、コンクリート構造物の延命化技術「アドバンテージ工法」をご提供できるようになりました。

     アドバンテージは、従来のモルタル成分であるセメント・砂・水の配分と混練過程を変えることで、無機質なのに有機系材料が持つ性質を持たせることに成功した、古いようで新しい材料(無機接着固定材)です。  アドバンテージの登場によって、無機質ならではの高強度・高耐久性と、これまでの無機材料にはなかった追従性を併せ持ち、コストパフォーマンスに優れた、コンクリート構造物の延命化技術「アドバンテージ工法」をご提供できるようになりました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

特長

① 大型機械がいらない施工
② 高強度なのに耐衝撃
③ 高い接着力
④ 耐摩耗性
⑤ 異素材との接着可
⑥ 躯体の呼吸を阻害しない
⑦ t=2mm〜の薄層仕上

アドバンテージ工法の7つの特長

用途

・コンクリート構造物の表面被覆
(水路・樋門・橋脚・貯水池・防波堤・床・階段等)

適用例

橋脚での適用事例

標準配合

性能

高い付着強度、ひずみ度をもつアドバンテージ

実績件数

10件(H25.3現在)

ダウンロード

アドバンテージ工法カタログ(H27.12版)(355KB)

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム