技術情報

頭部を内面突起付き鋼管により補強した場所打ちコンクリート杭

場所打鋼管コンクリート杭

  • TB杭施工状況

    TB杭施工状況

  • 場所打ち鋼管コンクリート杭の構成

    場所打ち鋼管コンクリート杭の構成

画像をクリックすると拡大表示されます。

概要

杭の上部あるいは全部に内面リブ付き鋼管を建込み、耐震性の増大と掘削土量の減少を図った耐震基礎杭工法です。

用途

● 地震時の水平力の大きい場合。

● 拡底杭とする場合。

● 傾斜地の建物で偏土圧が作用する場合。

● ネガティブフリクション対策が必要な場合。

適用範囲

鋼管径φ700〜2500mm

主な特長

● 普通場所打ちコンクリート杭に比べて軸径を大幅に低減
 軸径を小さくできるので残土・産業廃棄物の量を大幅に減らすことができます。

● 靱性が大きいため地震時の安全性が大
 鋼管とコンクリートの複合体なので、ねばり強さがあり、地震に強い場所打ち杭となります。

● 曲げ剛性・せん断耐力が大
 鋼管とコンクリート複合体なので、大きな曲げやせん断力に耐えることができます。

● 設計の自由度が高い
 鋼管の外径、厚さ、材質を変えることにより自由に設計することができます。

● コンクリート設計基準強度が大
 コンクリート設計基準強度(Fc)の上限値が42N/mm2になり、安全性と経済設計の幅が広がりました。

実績

● 足立区生涯学習総合施設新築工事(東京都住宅供給公社:フジタ)。

● 南千住E街区北棟(民開)建設工事(住宅・都市整備公団:前田建設工業)。

● 浦和針ヶ谷パークホームズ(二、三、四番館)新築工事(三井不動産:三井建設)。

特記事項(工法全体システム図等)

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム