技術情報

グラウチングデータのビジュアル化を実現

グラウチングデータ解析システム

概要

グラウト管理解析システムは監理者のニーズに応えられる改良効果の判定に必要な各種解析データを現場においてリアルタイムで提供し、施工へ迅速にフィードバックするために開発されたシステムです。
当社は、今後も質の高いトータルグラウチング管理を目指し、様々な技術を提供していきます。

本システムは、ダム現場におけるグラウチングのデータ管理を迅速かつ正確に行うための解析システムです。データはグラウトデータ管理装置(DKS- 006)と連携して行えるため、手入力することなく処理が行えます。本システムから出力される解析結果を利用することにより、注入効果の判定を迅速に行う ことができ、追加孔の判断やグラウチングの進捗把握を容易に行うことができます。

主な特長

グラウトデータ管理装置(DKS)とのデータ連携
グラウト管理データ管理装置から出力される管理データをそのまま利用できるため、グラウト管理・解析が容易に行えます。

操作性の良さとコンパクト性
操作はメニュー選択方式のため、使いやすく、しかも複雑な検索や解析が実施可能 です。ノート型パソコンでも利用でき、現場での管理に最適です。

システムの柔軟性
テストグラウトから大規模なダムグラウト工事管理まで幅広く対応できます。

チャート管理が可能
チャートデータを一括してデータベースで管理することが可能です。
また、実績図画面 と関連づけられており、参照すべきステージをクリックするだけで注入チャートがすぐ表示できます。

出力図面類が豊富
各種図面類、解析データをプリンタ・プロッタで出力できるほかファイルとしても取り出せるため、他のアプリケーションでのデータ利用が可能です。

実績件数

30現場以上

特記事項(工法全体システム図)

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム