技術情報

高品質・高強度を可能にした吹付技術

HiSP(ハイエスピー)工法

  • 農業農村整備民間技術情報データベース No.0364

画像をクリックすると拡大表示されます。

概要

HiSP(ハイエスピー) 工法は、ポンプ圧送とエア搬送を併用することにより、従来困難であった長距離・高所において“高品質”、“高強度”のモルタルを吹付けることを可能とした工法です。

適用範囲

当技術により、のり面では 最大直高160m、最大水平距離300m程度までの圧送、高低差が大きくないトンネル補修などの場合では、水平距離約700mまでの施工実績があります。

主な特長

●高品質
  設計基準強度を18N/mm2以上に設定できます。
●耐久性
  高品質のモルタルを安定して圧送・吹付するので耐久性に優れた構造物を築造できます。
●簡易なプラント
  生モルタルを使用するので、プラント設備はポンプ・コンプレッサー・発電機程度です。
  容易に移動でき、道路の夜間・休日開放に対応できます。
●騒音が少ない
  従来工法の吹付特融のエア抜き音がないので、住宅地での施工も可能です。
●長距離圧送
  直高160mの場合は配管長300m(法面)、水平の場合は配管長700mまで施工可能です。

 
 HiSP工法
(ポンプ圧送エア併用
吹付方式)
従来工法
(湿式吹付方式)
配管長/直高700m/160m100m/45m
プラントスペースプラント占有面積が小さいプラント占有面積が大きい
交通規制
(夜間開放等)
可動プラントで
夜間・休日開放可能
固定プラントは移動不可
騒音ポンプ圧送主体で
騒音は小さい
空気圧送方式は騒音大
繊維補強モルタル
への対応
有機繊維、鋼繊維有機繊維のみ

施工システム

施工実績

施工実績:66件(H27.3現在)

※HiSP(ハイエスピー)は、High Strength Shotcreting by Pressure Pumpingの略です。

ダウンロード

HiSP工法カタログ(2015.10版)(1057KB)

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム