技術情報

グラウンドアンカー試験・緊張管理システム

Licos(リコス)

  • NETIS登録番号 SK-100011-VE 活用促進技術
  • 特許取得技術

画像をクリックすると拡大表示されます。

用途

アンカーの緊張・定着作業及び各種のアンカー試験(リフトオフ試験、基本調査試験、基本試験)

主な特長

■設定した載荷速度及び除荷速度を自動制御
荷重-変位量データを連続(1, 2, 5, 10, 60秒間隔)で取得できるため、グラフは滑らかな曲線となり、アンカーの健全性をより正確に診断できます。

■タッチパネルによるジャッキの遠隔操作
タッチパネルのボタン操作でジャッキの動き(昇圧・降圧・保持)を簡単・確実に操作できます。

■荷重-変位量曲線をリアルタイムで表示
ジャッキ荷重及びアンカー頭部の変位量をリアルタイムでモニタリングし、荷重-変位量曲線を表示します。

■ ジャッキ荷重、アンカー頭部変位量のデータを自動で取得・保存
0.5〜5秒間隔で荷重及び変位量データを取得することから、リフトオフ荷重をより正確に把握できます。

■ 最大5台のジャッキを同時に制御
最大5本のアンカーを同時に制御でき、面的に均等載荷が可能です。
※「グラウンドアンカー設計・施工基準、同解説」(JGS4101-2012)(平成24年5月発行)に準拠した各種試験に対応可能な自動計測システムです。

計測結果例

実績件数

91件(H25.3現在)

ダウンロード

Licosカタログ(H27.10版)(288KB)

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム