技術情報

景観に優れた省資源・省エネルギー山留め式擁壁工

親杭パネル壁工法

  • 技術審査証明取得
  • NETIS登録番号 CB-990007-V 設計比較対象技術
  • 農業農村整備民間技術情報データベース No.0375
  • 建物に隣接する国道からのアクセス道路

    建物に隣接する国道からのアクセス道路

  • JH美濃関JCT上下線拡幅工事

    JH美濃関JCT上下線拡幅工事

  • 里山公園の防災と環境整備

    里山公園の防災と環境整備

画像をクリックすると拡大表示されます。

概要

この工法は、親杭とコンクリートパネル(親杭パネル)を一体化した壁体で、景観を配慮した土留壁や遮音壁等に使用します。
特に長大切土法面や基礎掘削が多くなる急峻地形での道路や敷地の拡幅工事等において、切土や残土の発生を少なくできることから自然環境の保護や省力化に役立つ工法です。また、グラウンドアンカー工法やタイロッド工法との併用により、壁高の高い擁壁の構築も可能です。さらに、親杭パネルの表面に様々な景観化粧を施すことができます。

主な用途

切・盛土での道路拡幅既設の老朽擁壁の補強景観に配慮した遮音壁
 
斜面での植栽棚平面上に建造する構造物

主な特長

●大規模な掘削を必要としない。
●現場条件に合わせた施工方法を選択することができる。
●各種アンカー工法との併用により、高い壁面を構築できる。
●背面の盛土材に、発生残土や軽量盛土材が使用できる。
●軽量盛土材(発泡廃ガラス等)により、背面土圧が軽減され、アンカーを減らすことができる。
●景観を配慮した壁面化粧ができる。

工法のイメージ図

 

実績件数

126件(H24.3現在)

参考文献

技術審査証明 技術名称:親杭パネル壁〜山留め式擁壁〜、(財)土木研究センター、平成12年12月
山留め式擁壁「親杭パネル壁」設計・施工マニュアル、(財)土木研究センター、平成18年3月

この技術に関するお問い合わせ先窓口

  • 電話によるお問い合わせ

    技術本部:03-5645-5115
  • メールフォームによるお問い合わせ

    お問い合わせフォーム