採用情報

ただの施工会社ではない!地質のプロが支える技術力

仕事内容を教えてください。

土木工事の施工管理業務

工事現場での出来形・品質管理や、使用する資機材の手配、元請・下請業者間の連絡等を行っています。色々な人と話し合いながら、自分の目の前で工事が進んでいくことを実感できる点が現場での仕事の面白さだと感じます。

仕事のやりがいや、嬉しかったことを教えてください。

学生時代の知識・経験が役立ったこと

私は学生時代に地質学を専攻しており、その分野の知識や経験が活かせる仕事を探していましたが、就職活動を進める中で自分の思っていた仕事内容と実際の仕事内容には差があることを知り、就職したら学生時代に自分がやってきたことが役立てず無駄になってしまうのかと残念に思っていました。
しかし、入社してからアンカー工と推進工の現場で勤務していますが、どちらの現場でも地質条件が施工に与える影響があり、地山の状態を観ながら施工する中で自分の知識を少しですが役立たせることができたのではないかと思っています。やりたかったことが出来たという点で嬉しく思いました。他の工種でも同じようなケースがあると思われるので、今後の仕事が楽しみです。

入社の決め手を教えてください。

同じ会社で働いてみたいと思える方がいたから

就職活動では学生時代の専攻分野が活かせる建設コンサルタント業に関心があり、これらの会社説明会に参加していました。説明会に参加していると自分の考えていた仕事と実際の業務内容に差を感じるようになりました。そのような時、別の会社の説明会に参加するため行っていた合同説明会の会場(建設業関係)にブースを構えていた弊社の人事担当者と話をする機会がありました。この時に業務内容に興味を持ったので、その後改めて会社説明会に参加しました。その時の面接で、私の話を聴いてもらい実際の仕事ではどうであるかを教えてもらえたことで疑問や不安が大きく解消されました。また、この方が働く会社で自分も働いてみたいという気持ちが大きくなり入社を決めました。