HYSC杭(鋼管ソイルセメント杭工法)更新取得

平成13年1月16日


 『HYSC杭(鋼管ソイルセメント杭工法)』が、平成12年12月1日付で、建設大臣認定機関である「(財) 国土開発技術研究センター」の技術審査証明を更新取得しました。 HYSC杭は、すでに平成3年2月28日に一般 土木工法ソイルセメント合成鋼管杭工法として、技術審査証明を取得しており、新しい施工方法を追加し技術審査証明内容を更新することにより適用性の拡大、経済性が向上しました。同時に、名称をソイルセメント合成鋼管杭工法の愛称と施工法名の組合せに変更しました。 技術審査証明書では、HYSC杭は、「ソイルセメント柱径を有効径とする鉛直抵抗・水平抵抗が得られ、建設発生土が場所打ち杭工法・中掘り杭工法に比べ少ない」ことが証明されており、環境にやさしい基礎杭として普及・拡大が期待できます。