ジオファイバー工法の機械化施工技術
(社)日本建設機械化協会より技術審査証明の認証を取得


 環境保全型斜面安定工法「ジオファイバー工法」は、砂質土に連続繊維を混入した「連続繊維補強土工」と鋼棒などによる「地山補強土工」及び「植生工」法を組み合わせた複合補強土工法。従来のブロック積み擁壁などに替わり、緑化された、環境にやさしい法面 を構築する工法です。 当社では、これまで手動式で行われていたこの工法について、法面 作業の軽減を図り、より安全で合理的な施工を目指して、ロボットタイプ「ジオロボット」を開発しました。これにより、従来手作業で行っていたノズル部の操作が、遠隔操作になったことで、大容量 の施工が可能となり、安全性の向上と工期の短縮および工事費の縮減が実現しました。

 (社)建設機械化協会からの技術審査証明では、以下の内容が証明されました。

  1. 連続繊維は、噴射ノズルから自動反復揺動により噴射できること。
  2. 連続繊維の噴射量は、施工時に連続計量ができ、連続繊維の混入量管理が容易で あること。
  3. 細粒分含有率が高い(シルト粘土分含有率20%程度)砂質系材料の圧送が可 能であること。
  4. 施工量は、ハンディータイプが1.45m3/hr以上、ロボットタイプが3m3/hr 以上可能であること。

 環境にやさしく、人にもやさしい本工法の、より幅広い活用を目指します。