企業情報

社長ご挨拶

弊社は、昭和20年代に、ダムの地質調査と基礎処理を生業(なりわい)としてスタートしました。以来、地質に強く、基礎工事を得意とする会社という遺伝子は、環境・防災、維持補修、都市再生の工事を主力とする現在の弊社にも脈々と受け継がれています。

現在、建設業界を取り巻く環境は、東日本大震災の復興工事や政府の国土強靭化策などで好転しているように見えます。しかしながら中長期的に見ると、厳しさを増すのではないかと考えております。

その中で弊社は、平成20年度からの3ヵ年で、新生日特建設の創生を掲げた中期経営計画StepⅠを、平成23年度からの3ヵ年で、安定基盤の構築を掲げたStepⅡを、完遂しました。現在は、成長への「挑戦」をテーマに「効率的な収益確保と将来の建設市場の変化を見据えた事業戦略・組織を構築する期間」と掲げた中期経営計画StepⅢに取り組んでいます。

昨今、地震・台風・豪雨等の自然災害が日本列島の各地に深刻な被害をもたらしています。弊社は、経営理念「基礎工事における総合技術力と効率的な経営で、安全・安心な国土造りに貢献する会社」の下、企業としての社会的責任を果たしていく所存でございますので、今後もご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 中森 保

代表取締役社長 中森 保

代表取締役社長 中森 保